進行段階

それでは具体的に歯周病の症状を見ていきましょう。
進行段階によってどんな症状が現れるのか説明していきます。

初期では、一層「歯肉炎」を起こします。
具体的な症状としては、歯茎の腫れ、歯茎からの出血などがあります。
歯肉炎の進行段階は次に、軽度の歯周炎から、中度の歯周炎、そして重度の歯周炎となっています。

「軽度歯周炎」では、歯周ポケットが初期のころよりもやがて深くなってきて、歯茎の炎症も進んで、腫れもひどくなってくる。
歯肉炎が進行した状態です。
歯を支えておるあごの骨も少しずつ溶かされてきているのですが、こういうころは未だにさほど痛みもないので気がつかない人が多いだ。
具体的な症状としては、歯茎が赤く達する、腫れる、ブラッシングすると歯茎の境目の場所から出血講じる。
刺々しい水などがしみる、歯を指で押すと前後にはたらく。

「中度歯周炎」では、歯周ポケットの深さもグングン深くなり、歯茎の炎症も再び進んでくる。
あごの骨が半分は溶かされてしまうので、歯がぐらついてくる。
強いものを噛むことがやりにくくなってくると思います。
見た目としては、歯茎から出血するだけではなく、歯と歯茎の間に膿が出る場合もあります。
具体的な症状としては、歯茎の腫れが再びひどくなって、歯茎がぶよぶよとして腫れぼったい。
歯茎から軽度の頃よりも出血が重なる、歯周ポケットのところから膿が出てくる。
口臭が気になる、歯茎が痩せたために歯が長くなったと感じる、前後左右に歯が揺らめく。
手ごわいものを食べると痛みがあったり違和感があったり始める。

「重度歯周炎」では、あごの骨がほとんど溶けてしまい大きく歯がぐらつきます。
このまま放置すると歯が抜けてしまいます。
ここまでくると、普段の食事の際にも痛みを伴って食べがたくなっています。
具体的な症状としては、真っ赤に歯茎が腫れて膿が出てくる、歯の隙間が目立ってきた、歯が長くなったと感じる。
歯周ポケットの奥の方からも出血して歯茎の出血がひどくなる。
歯のぐらつきがひどくて、取るのに不自由を見つかるようになる。

歯周病は初期では実に気付くことができないため重症化してから病院へ赴き歯周病治療を始める人が多いだ。
症状の進行に気がつきにくい病気なので多少なりとも違和感があったらアッという間に病院へ赴き、診てもらうようにしましょう。
歯周病は断じて軽く見てはいけない病気だ。
ただちに歯周病治療を通じて大切な歯と体を守りましょう。xn--n8jwa1bn0d0kpmha3guc4o2e2ib.xyz