新人教育のコツ

4月になると、いつの会社でも新人がやってきます。
新人教育を担当する人は予め決まっているでしょうが、そのコツを知っておかないと、戦力になるまでの時間がかかってしまう。
新人教育のコツについて考えてみましょう。
初めて、自分が配属された部署の仕事がいかなる作業なのかを説明ください。
勿論、専門的な知識はありませんから、一般的な言葉でわかりやすく説明します。
また、一気に理解できなくても、だんだんわかってくれればいいというスタンスで指導します。
新人教育ではビジネスマンとしてのマナーから報じることが重要です。
大学では社会でのマナーについて教えてくれるわけではありません。
就職活動を通じて、延々と学んでいるかもしれませんが、それを行動に生み出せる若者は少ないと考えておかなければなりません。
新人教育をしていると、自分が新人だったころのことを思い出す人は少なくありません。
自分ができなかったことを無理して、新人に叩き込む必要はありません。
自分から進んで学ぼうという意欲を加えることが大切です。
現代は、各種言動が問題となるケースも少なくありません。
セクハラは当然ですが、パワハラなども相手がどうして感じているかによって発言しなければなりません。
新人教育に熱心になるあまり、パワハラとして訴えられることは遠のけなければなりません。
若者の考え方が変わっているということです。
新人教育のコツは一般の学校で知らせる方法と基本的には変わりません。
教える内容が違うだけです。
このような場合はどうすべきかっていうことを実例を挙げながら説明して下さい。
専門的な仕事もありますから、それは多くの知識が必要です。
学校で学んだことだけで、一気に仕事ができるとしてはいけません。
お客さまへの挨拶は当然ですが、社内での対応の仕方など、憶えなければならないことはたくさんあります。
新人教育のコツは褒めて育て上げることです。
また、注意する時は具体的なお話を明確にすることが大切です。
不確か注意の仕方は、不満を加えるだけになってしまう。
戦力として期待していることを言葉や態度で知らせることを忘れないでください。
一気に成長してくれることでしょう。http://www.sbsbv.nl/