妊娠後期の食事

妊娠後期になってくると、おなかもパンパンに大きくなっている。胎児もガンガン成長してお腹の中で広く動き、お母さんもその動きにビックリするほどだ。睡眠も相当仰向けでは眠れず、胃も子宮からの圧力で次々上へ押し上げられますのであんまり多くの量を食事を思うようにはとれません。
しかし、妊娠後期は出産に関して母体は体力を貯める必要がありますし、赤ちゃんも外の世界へ現れるまで多少身体を大きくしておく必要があるので栄養がまだまだ必要です。
栄養補給に大切な妊娠後期の食事には何に気をつけなければいけないのでしょうか。
妊娠後期におススメの食事をご紹介します。
「野菜を食べよう」
野菜はビタミンや鉄分など妊婦さんが必要としている栄養素を思いっ切り含んだものが多いです。その上、野菜はたくさん食べても決して太りません。妊婦さんは食事で栄養素を考えることも大切ですが、どんなに栄養を取りながら体重をコントロールできるかということが大切です。一際ケバイ緑黄色野菜や赤ちゃんの脳や体を始める豆類をとることが大切です。
「食物繊維をとろう」
妊娠後期の妊婦さんの悩みで多いのは「便秘」だ。大きなお腹で腸などを圧迫浴びるために常に便通がすっきりしません。
便秘になるとお腹が痛くなりますし、痔の原因になります。ひたすらお通じをよくするために妊娠後期ほど、食物繊維を手広く摂取する必要があります。
野菜なども食物繊維が多く含まれている食品ですが、玄米、胚芽米、雑穀米などは、食物繊維が白米と比べても非常に高いですし、ビタミン、ミネラルなどの
栄養素もおっきい食品だ。
「鉄分、カルシウムをとろう」
妊娠中期に必要な鉄分は毎日1ミリ5グラムですのに対して、妊娠後期では毎日20ミリグラム必要になります。妊娠後期には胎児が3キロ超えて現れる場合もあるので、妊婦さんの身体にはかなりの血液量が必要になっている。鉄分は積極的に加えるようにしていても終始貧血状態が貫く人も多いので、鉄分の多い食品を選んで食べるようにしましょう。また、カルシウムも大きな胎児の分まで摂取する必要があるので魚やチーズ、海藻などを摂るようにしましょう。http://www.yado-koriyama.com/