中国のおもちゃ

中国のおもちゃと言えば、「インチキ」、「パチモノ」といったイメージがあります。
世界に誇る大人気の日本のアニメ、これらのキャラクターを中国では、勝手に使用している映像をそれほどテレビニュースで見るからです。
そのクオリティの低さと言ったら驚くほどで、ドラえもんやポケモンなど、本来のキャラクターからかけ離れた適当なつくりとなっています。
そのため、中国では肖像権、コピーライトなど関係ない、これは別のものだと済むはって、勝手にキャラクター製品を製造し販売しているようです。
思わず笑ってしまうほど、本来のキャラクターはかけ離れた人形、イラスト、「あなたは誰?」とツッコミどころ満載です。
中国のおもちゃにも、日本のおもちゃのコピー製品が数多く販売されています。

「コピーおもちゃ」と「インチキおもちゃ」とは違うものです。
コピーおもちゃというのは、日本で並べるおもちゃをもちましてコピーして中国で製造し販売しているものです。
一方インチキおもちゃというのは、日本で人気のキャラクターを勝手に使って独自に中国で作ったおもちゃだ。
日本のアニメ人気は世界中で大人気、中国も人気があります。
近年、中国ではそういったキャラクターのフィギュアをかき集めるマニアが増えてきました。
そこで登場したのが日本で売り切れになるほど人気のフィギュアを中国で勝手にコピーしてまるで正規品かのように販売する業者だ。
どんどん本家です日本の正規メーカーでは製造していないようなフィギュアも勝手に作って正規品のようにして販売しています。

最初は日本のおもちゃをもちましてコピー製造して販売していた中国のおもちゃ会社も、独自にアイデアを加えて進化したおもちゃを作り出し販売することもあります。
日本でちっちゃな子供に人気の汽車のおもちゃを、独自に3台合わせて合体できるようにして販売してみたり、様々な電車と合体できるようにして販売してみたり、電動で汽車の形が変わるようにして販売してみたり、様々なアレンジを加えたおもちゃを販売するようになりました。
これらの動画などがインターネット上で話題として、他のおもちゃ会社も似たような商品を売り出したということもあります。
このようにですたのパチモノ商売だけではなくなってきた中国のおもちゃ業界。
今後も中国から目が離せません。グラマラスリムスムージーは楽天やAmazonが一番安い?【注目】