不眠に、乳酸菌のC−23ガセリ菌が効く?

日本人の5人に1人は不眠を抱えていると言われています。
なかなか寝付けない、夜中に目が覚めてそのまま眠れなくなる、早朝に目が覚めてしまう等、不眠症には色々な症状があります。
不眠症の原因で一番多いのは、ストレスから現れるものだと言われています。
現代はストレス社会ですから、どんな人でも、多かれ少なかれストレスを抱えています。

かなりの緊張が続いたり、ストレスが強かったりすると、お腹が痛くなることってありますよね。
これは脳と腸が相互に情報を話しあっているからなのです。
こういう脳と腸の関係を「脳腸相関」というそうで、今、なんとも注目されている健康テーマだ。

腸は消化吸収するだけの器官ではありません。
人の免疫を高めるリンパ球の6割が、こういう腸にあります。
又、首から下の神経の半分以上が集まっている所でもあり、様々なホルモンを生産する所でもあります。
腸は素晴らしく際立つ器官と言えるでしょう。
こういう腸には沢山の菌などの微生物が棲んでいて、それが脳腸相関を通じて心や姿勢にも影響を及ぼすのです。

こういう脳腸相関に働きかけてくれるのが、C−23ガセリ菌という乳酸菌なのです。
ストレスによる憂慮を緩和して、良く眠れるようにする働きがあるのです。
従来の乳酸菌と共に、C−23ガセリ菌も腸内環境を立てる効果も、無論ありますが、それと共に、腸から脳に働きかけて、ストレスを緩和して、それにともなう体の不調を改善する、という効果もあるのです。

C−23ガセリ菌を投与すると、ストレスを感じている腸と脳にかけての神経活動が活性化するので、脳から出されるストレスホルモンが抑えられます。
それによりストレスによる自律神経の乱れも正常になって、ストレスによる体の不調も良くなるのです。
ですから、心の不安や不眠症も改善されますし、それとともに、ストレスによる便秘、下痢、過敏性腸症候群などの病気も改善されて出向くわけです。

ですが、不眠症にC−23ガセリ菌を飲み込むだけでなく、寝る前の不眠症対策も重要です。
眠る1時間前にお風呂に入り、体温が下がるころにベッドに入って、眠る準備を通しておきましょう。
また、交わる直前までスマホなどを見ていると、ブルーライトの作用でメラトニンの分泌が抑えられるので、スマフォはやめておきましょうね。http://www.smsdepil.nl/