ティースアートのメニュー

豊富なティースアートのホワイトニングメニューをいくつか紹介します。
これだけ買えるので、自分に合うものを見つけられる、それもティースアートが立てる大きな理由の1つとなっています。
1回で白く望む人、しみるのが怖いため少しずつ白く望む人、ずっと白く追い求める人など様々な要望にお応えしてある。

「ティースホワイトニング」…ベーシックな方法で、薬剤を調合して歯に塗り1本ずつハロゲンライトをあて白くする方法だ。
1回で一段〜2段階歯を白くできます、料金は6本1回で4,000円、1本追加ごとに1,000円となっています。
ベーシックメニューで料金面では一番安いだ。

「ルマホワイトニング」…前歯12本をまとめて白く行える方法で、光触媒配合のジェルに最適な波長の光をあてて歯を白く決める。
1回で2段階〜4段階歯を白くできます、料金は上下6本で各8,000円、上下12本で10,000円、1本追加ごとに1,500円となっています。

「マイルドホワイトニング」…知覚過敏によって薬剤がしみてしまうのがお断りという人におすすめの方法だ。
しみないホワイトニング剤を開発、今までしみてできなかった人もぜひとも試してみてください。
効果的にはルマホワイトニングと同じくらいですが、料金はルマホワイトニングの方が安いです。
こちらの料金は1回上下12本で15,000円、上下16本で20,000円となっています。
所要時間は40分ほどだ。

「ブライトホワイト」…先程ご紹介した毎日1時間で白く生まれ変われる方法だ。
20本〜24本で料金は60,000円だ。
8段階〜10段階歯を白くできます。

「ティオンホワイトニング」…日本企業が開発したチタンによるホワイトニングの方法だ。
低濃度の薬剤として、チタンと窒素を触媒した特殊な光を割り当てるため歯を白く決める。
ルマホワイトニングの1回10,000円のコース3回分の効果を1回で得ることができます。
料金は上下16本で25,000円、上下20本で31,000円、所要時間は約1時間だ。

「ポリリン酸ホワイトニング」…医薬部外品であるポリリン酸のジェルを薬剤として用い、LEDライトをあて歯に付着した着色汚れを奪い取り白くやる方法だ。
ポリリン酸としているため料金は安いです。
痛みもありません。
しかし歯の表面についた汚れを落とし白くするだけなので歯の表面しか効果はなく、歯の奥深くエナメル質の部分までは白くできません。
1回で一段〜2段階歯を白くできます、料金は上下6本各3,000円、1本追加ごとに500円だ。

「ZOOMホワイトニング」…アメリカの企業が開発したシステムで、触媒に鉄イオンを使いメタルハライドランプを一度に前歯全体へ置きます。
15分間の照射を3回、4段階〜6段階歯を白くできます。
料金は16本〜20歩で28,000円。

「ビヨンドホワイトニング」…中国の企業が開発したシステムで、高濃度の薬剤を用いハロゲンライトを一度に前歯全体へ置きます。
ティースホワイトニングと同じくらいの効果ですが、上下の前歯を一度に白くすることができます。
料金は1回上下12本で8,000円、1本追加ごとに1,000円となっています。

「レーザーホワイトニング」…ライトのかわりにダイオードレーザーをあてて、薬剤の働きを活性化させる方法。
1回で3段階〜4段階歯を白くできます。
料金は上下各6本で30,000円、上下12本で55,000円、1本追加ごとに5,000円だ。

「ジェルホワイトニング」…ライトやレーザーを置きずに、ホワイトニング剤を塗りつけるだけで歯を白く始める方法。
光にアレルギーがある人、皮膚が敏感な人などにおすすめです。
1回で2段階〜3段階歯を白くできます。
料金は1回に上下16本で15,000円。https://lapsusapp.co.uk/