セルフメディケーション税制の対象

いよいよセルフメディケーション税制で節税にチャレンジしようと思っても、正に対象の商品かどうかよくわからないというところが本音です。
セルフメディケーション税制の対象になるスイッチOTC医薬品には「エスタックイブ」とか「バファリンルナi」とか「パブロンS」、「コルゲンコーワIB」などの風邪薬。
「ガスター10」とか「第一三共胃腸薬」、「タナベ胃腸薬」などの胃腸薬。
「ロキソニンS」とか「ナロンエース」、「バファリンEX」、「ノーシン」などの頭痛薬。
目薬、湿布薬、点鼻薬など特定成分が含まれたOTC医薬品が対象となっています。
その年の1月毎日から12月31日までの間に健康維持増進、疾病予防目的で個人やその扶養家族が購入したスイッチOTC医薬品の対価の合計が12,000円を超えた時折その分を上限88,000円の範囲内で総所得から控除できるというものです。
ドラッグストアなどで普段から市販薬をよく貰う人は、レシートを捨てないで保管しておくことがまずは個人でこなせる節税の第一歩だ。

お店によっては、セルフメディケーションの対象となる商品に積極的にPOPなどをつけてくれているところもあります。
しかしほとんどのお店ではそのような表示は未だにされていません。
対象商品には、識別マークが記載されていますので思い切りパッケージを確認しましょう。
それでもよくわからない時折、レシートを見ると何が対象だったのかを分かることができます。
対象商品にだけ印をつけて表示するお店が多くなっています。
例えば「★のついている商品はセルフメディケーション税制の対象商品だ。」というように記載されています。
対象商品を購入していればそのレシートは投げ捨てずに保管しましょう。
1年経ったときに節税の役立つかもしれません。

しかし注意しなければいけないことがあります。
昨今はネット上でも医薬品を購入することができます。
しかしこういうセルフメディケーション税制では、ネットの通販で買った薬は対象外となっています。
飽くまで店頭で買った商品が対象なので注意しましょう。
また医療費控除と併用利用はできません。
どちらを利用するのがお得か個人で判断して確申ください。http://www.dekeukenvanmarjan.nl/